センター概要

琵琶湖と滋賀の環境保全、持続可能な社会をめざして

琵琶湖の写真

琵琶湖の環境は、滋賀が真に“地球にやさしい社会”であるかどうかを映し出す「鏡」といえます。

目の前に自らの姿を映し出す琵琶湖という鏡を抱いた私たちは、世界に先駆けて持続可能な社会を築き上げる条件とチャンスに恵まれています。

滋賀県琵琶湖環境科学研究センターは、琵琶湖とその流域を一体のものとしてとらえ、健全な水循環、物質循環、生態系の保全といった視点から琵琶湖と滋賀の環境に関する現象の解明、行政課題に取り組むため、幅広いネットワークの形成を図りながら、総合的に試験研究を推進することによって、滋賀をモデルとした持続可能な社会の構築に貢献します。

沿革

組織と業務

研究担当職員紹介