お知らせ

令和元年度びわ湖セミナーを開催します

 当センターは平成17年に開設し、まもなく15周年を迎えます。そこで、令和2年3月に「琵琶湖研究の進展と気候変動への適応に向けて」をテーマとして、開設15周年記念びわ湖セミナーを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

 

1.日時

令和2年3月24日(火)13:00~16:00(12:30受付開始)

 

2.場所

ピアザ淡海 3階 大会議室(滋賀県大津市におの浜1-1-20)

 

3.定員

 150名(要事前申込、申込先着順)

 

4.参加費

無料

 

5.プログラム

詳細はこちらから下

https://www.lberi.jp/multidatabases/multidatabase_contents/detail/87/2a49533317e2072c49aea68e683f0871

 

6.申込方法等

①氏名(代表者名)②参加人数③住所または所属④連絡先(TEL、FAX、E-mail)をご記入のうえ、E-mail・FAX・郵送のいずれかの方法でお申し込みください。FAXの場合は、びわ湖セミナーチラシ裏面の参加申込書に記入し、切り取らずにそのまま送信してください。

びわ湖セミナーチラシ(クリックすると開催チラシをご覧いただけます)

 

【申込・問合せ先】

 〒520-0022 滋賀県大津市柳が崎5-34

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター

  TEL:077-526-4800 

  FAX:077-526-4803 

  E-mail:de51200@pref.shiga.lg.jp

「里湖づくり」活動、参加者募集!

1.背景・目的

 琵琶湖の在来魚介類が減少している中で、特に貝類の減少が著しくなっています。シジミ類の減少理由は、1960年代頃からの水質悪化による大量死、生息場所となる砂地の減少など、複合的な要因によるものと考えられます。私たちは、シジミ類等の二枚貝がすみやすい環境づくりを意識した取り組みが、他の底生動物もすみやすい環境づくり、生態系の改善につながると考えました。

 そこで私たちは、2017年7月から毎月、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター付近の湖辺に設けた試験地で、二枚貝等の生き物がすみやすい環境に向けた「里湖づくり」活動を行っています。活動では、毎回20人前後の住民ボランティア参加による人力と、漁業者による貝曳き漁具(マンガン)の曳航で、泥の堆積を抑制するための湖底耕うん、増えすぎたヒシや沈水植物(水草)の除去を続けています(図1)。また、活動の効果を検証するため、3か月ごとに貝類や底生動物の生息状況調査も行っています。

図1「里湖づくり」活動のねらい(イメージ) 図1 「里湖づくり」活動のねらい(イメージ)

 

 「里湖づくり」活動では、ボランティアとして参加いただける満18歳以上の方を随時募集しています。また、年1回夏に、小学生とその保護者の方を対象とした活動体験イベント「シジミ復活大作戦」を開催しています。ご都合のよい範囲で1回でも、ご参加を歓迎します。

 なお、本活動は、滋賀県が環境省から受託する「湖辺における環境修復実証事業(滋賀県琵琶湖)委託業務」の一環として、滋賀県琵琶湖環境科学研究センターが主催しています。

 

2.活動場所

 大津市柳が崎の湖辺および滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(図2)

図2活動場所

図2 活動場所

 

3.活動内容

(1)湖辺環境修復活動

頻度:夏季(7~9月)は月2回、その他は月1回

 シジミ等の生息環境の改善に向けて、増えすぎた水草の除去、泥の堆積を抑制する湖底耕うんを行っています。水際の浅い場所は人力で、沖の深い場所は漁業者の船で行っています(写真1)。

写真1湖辺環境修復活動の様子

写真1 湖辺環境修復活動の様子

 

(2)湖辺環境調査活動

頻度:3か月に1回(4月、7月、10月、1月)

 湖辺環境修復活動を行っている場所(耕耘区)と、行っていない隣接した場所(対照区)で、貝類の生息状況調査を行っています。滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの担当が採取した試料から、貝類を選別・計数しています(写真2)。

 また、滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの担当が別途、すべての底生動物の生息状況調査を行っています。

写真2湖辺環境調査活動の様子

写真2 湖辺環境調査活動の様子

 

(3)アンケートおよび意見交換会

頻度:(1)および(2)の活動後、毎回

 活動の感想についてアンケートに回答いただいた後、参加者間で意見や情報を交換する場を設けています。

 

(4)活動体験イベント「シジミ復活大作戦」

頻度:年1回(7月予定)

 小学生とその保護者を対象に、湖底耕うん体験、水草や湖底の生物観察、シジミ汁の試食等を通して、「里湖づくり」活動と琵琶湖の恵みを体験していただきます。ボランティアの皆様には、スタッフとしてご協力いただいています。

写真3「シジミ復活大作戦」の様子

写真3 「シジミ復活大作戦」の様子

 

4.活動日のスケジュール例(「シジミ復活大作戦」を除く)

 9:15~9:30 受付、着替え等準備

 9:30~9:40 開会あいさつ、作業説明

 9:40~11:00(途中休憩あり) 湖辺環境修復活動または湖辺環境調査活動

 11:00~11:30 用具片付け、着替え

 11:30~12:00 アンケート記入、意見交換会

 

5.参加費

 無料

 参加いただいたボランティアの方には、当日の交通費を支給します。車でお越しの方は、近隣の「大津市営柳が崎湖畔公園駐車場」をご利用ください。当日の駐車料金を支給します。

 

6.参加申込・お問い合わせ

 「里湖づくり」活動では、参加受付、参加者との連絡調整、参加者にかかる庶務業務を、特定非営利活動法人おおつ環境フォーラムに支援いただいています。参加申込、活動日のお問い合わせは、おおつ環境フォーラムまでご連絡ください。

 

 【参加申込先】

 特定非営利活動法人おおつ環境フォーラム

 〒520-0047滋賀県大津市浜大津4-1-1

 電話:077-526-7545 FAX:077-526-7581

 E-mail: forum@eco-otsu.net

 

 その他の「里湖づくり」活動にかかる問い合わせは、主催する滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの担当までご連絡ください。

 

 【問い合わせ先】

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター

 〒520-0022滋賀県大津市柳が崎5-34

 電話:077-526-4800 FAX:077-526-4803

 E-mail: de51200@pref.shiga.lg.jp

 担当:総合解析部門 井上栄壮(いのうえ えいそう)