琵琶湖環境科学研究センターブックレット

このブックレットは、当センターが2005年に設立されて以来、「琵琶湖の水環境」「滋賀の持続可能社会のあり方」の2つの大きなテーマについて研究してきた成果を、

県民の皆様に分かり易い形で発信していくことを目的に発刊しています。

このシリーズは今後も発刊予定です。

琵琶湖の科学2020 

琵琶湖環境科学研究センターブックレット Vol.1
琵琶湖の科学2020 みずのこと・いきもののこと 

滋賀県琵琶湖環境科学研究センターでは業務の一環として様々な琵琶湖のモニタリングを行っています。

モニタリングの中には、国土交通省や水資源機構と分担して、琵琶湖の40地点、40年以上も観測を続けてきたものもあります。

そんな、日々観測し続けてもなお飽きない琵琶湖の、まるで生きているかのような日々の変化をこのブックレットでは紹介しています。

琵琶湖のそばにいるときに役に立つ、そんな1冊です。

サンライズ出版のサイトへ(新しいタブが開きます)